--> パレード [ 藤原竜也 ]|手と手とパレード

style="color:red;font-weight:bold;">

藤原竜也 香里奈 貫地谷しほり 行定勲パレード フジワラタツヤ カリナ カンジヤシホリ 発売日:2017年02月22日 予約締切日:2017年02月18日 キングレコード(株) 【映像特典】 劇場予告編/特報/行定勲監督によるオーディオ・コメンタリー/TVーSPOT//座談会Aタイプ//座談会Bタイプ//観客タイプ KIBFー4276 JAN:4988003843281 【ストーリー】 「嫌なら出ていくしかなくて、居たければ笑ってればいい」都内のマンションに暮らす男女4人の若者達。

几帳面で健康オタクの会社員・直輝、自称イラストレーターの未来。

無職で恋愛に依存している琴美、先輩の彼女に恋している大学生の良介。

それぞれが不安や焦燥感を抱えながらも、“本当の自分"を装うことで優しく怠惰に続く共同生活。

そこに男娼のサトルが加わり、町では女性を狙った暴行事件が連続して起こり始めた。

穏やかだった日常は歪み始め、やがて思いもよらない結末が彼らに訪れる…。

【解説】 【原作】吉田修一×【監督】行定勲×【出演】5人の豪華俳優陣/現代に潜む闇を切り取った、深遠なる衝撃の問題作ー。

/友達、恋人、一緒に暮らしている人…あなたは本当にその人のことを知っていますかー?/歪みはじめる、僕らの日常 やがて待ち受ける衝撃の結末。

共感できるあなたに闇が訪れるー。

都会の片隅、ルームシェアをしている4人。

穏やかな日々に、突然現れた1人の少年。

同じ町では、連続暴行事件が起きている…そして彼らの生活はゆっくりと歪みはじめるー。

『世界の中心で愛をさけぶ』『GO』の行定勲監督が、かねてから映画化を熱望、現代の若者の内面に宿る“モラトリアム"をテーマに新たな境地を拓き大ヒットを記録した衝撃の問題作。

/原作は、第15回山本周五郎賞受賞作である、吉田修一の青春群像劇『パレード』(幻冬舎文庫)。

カラー 日本語(オリジナル言語) 日本 2010年 ベルリン国際映画祭パノラマ部門・国際批評家連盟賞 PARADE DVD 邦画 ドラマ 特撮 邦画

レビュー件数0
レビュー平均0.0
ショップ 楽天ブックス
税込価格 1,719円

CUSTOM[FU]

Free-space Up